00125
日本では「悪の横山やすし」の愛称でも親しまれている元RainbowやAlcatrazzで有名なグラハム・ボネットがGraham Bonnet BandとしてPVを公開しました。



これは2015年6月12日にダウンロード販売が開始されたEP『My Kingdom Come』の楽曲からとのこと。早速聴いてみましょう。

Graham Bonnet Band - The Mirror Lies

70年代後半にあったようなカッコイイハードロックですね。やっぱグラハムの声かっこいいわ~。グレン・ヒューズの後継者はリッチー・コッツェンって勝手に決めたけど、どこかにグラハムの後継者になれるボーカルっていないもんですかねぇ。グラハムが歌うとどんなタイプの曲でも「かっこいい曲」になってしまうのが不思議。そして素敵。本当にこの人「ヘヴィメタルなんか大嫌いだ!」って言ったの?

声に全く衰えが見られない…どころか現代の録音技術のおかげか若い頃よりもパワーアップしているように聞こえる反面やっぱり外見の衰えが…ねぇ? ステージのシーンはちょっと体痩せたかなくらいにしか思わなかったけど、プライベートというか演技のシーンの時は普通のおじいちゃんみたいで(泣)。まぁ、もう68歳だもんね。仕方がないね。68歳であの声出せるのかよ。やっぱり化物だわ。

外見といえばベーシストがなかなか美人のお姉さんですね。なぜ美人の女性ミュージシャンはベーシストが多いのか(偏見)。Beth-Ami Heavenstoneさんという方らしいです。ちょっと調べたらグラハムと付き合ってるっぽい。年齢差いくつなんだろう…。

ちなみにこの『My Kingdom Come』、日本では400円とお安くご購入いただけます。それもそのはず2曲しか入っておりません。「The Mirror Lies」の他はEP名と同じ「My Kingdom Come」という曲。こっちのPVは作られていないようですね。何故今になって半年以上前に発売された作品のPVを作ることになったのかは謎。想定していたよりも売れたのか、それともライブで評判が良かったからか。いずれにしてもこのPVのおかげでグラハムの現在の活動を知ることが出来たので感謝しなきゃですね。